天然食

天然の食材の探究

サツキマス・アマゴの降海型

長野県王滝村

昔、御嶽山南麓、木曽谷産出の川魚「たなびら・しまめ・イワナアカハラ・カジカ・アジメ」などが冬場の貴重な蛋白源として食されてきた。

囲炉裏の藁(弁慶)に、乾魚。(燻製)の様なものにして保存食としていた

現在は渓流釣りの盛んなところで、イワナやアマゴの塩焼きは実に旨い。ヒレなど付いた塩は、飾り塩なので、くれぐれも食べないように!血圧が上がり危険です。また、アマゴの皮は腫れ物に効くと言う民間療法もあったようです。

f:id:spvp8wp9:20180407084719j:plain