天然食

天然の食材の探究

アユを釣る

鮎の塩焼き

天然鮎をご紹介したいが私の住む地区の河川の99%は養殖された放流事業の鮎ではあるが70年前は天然セッパリ鮎の(幅広、鮎として有名であった

 

f:id:spvp8wp9:20180612152602j:plain

f:id:spvp8wp9:20180612152632j:plain

f:id:spvp8wp9:20180612152708j:plain

魚の鮮度を保つ

これかの季節・釣りたての魚の鮮度が落ちやすいので、小型クーラーボックスより持ち運びの便利な釣り用のビクはつかいやすいですね。魚の鮮度を落とさない方法を動画にてご紹介させて頂きます。


渓流釣り・ビクとクック

プリン

だれもが好きなプリンですが、最近では低カロリーになってきましたね。

しかし、合成甘味料に含まれるアスパルテーム・L・フェニルアラニン化合物が心配です。合成甘味料、甘味急増中!

シリアル

朝食や時間のない時に便利なシリアル

乾燥果実の漂白する為に亜硫酸塩が使用されている物があります。

亜硫酸塩「簡略名」

正式名称・亜硫酸ナトリュウ厶、次亜硫酸ナトリュウ厶、ピロ亜硫酸カリウム、ピロ亜硫酸ナトリュウ厶、二酸化硫黄のどれか

アイスクリーム

少ないですが食の安全な無添加で製造されたアイスクリームもありますね。

主に使われている添加物一例

安定剤(多糖類)・乳化剤、水と脂肪を混ぜる(合成乳化剤11品目中の2品目ポリソルベート60・80)・アナトー(着色料)

 

カップ焼きそば

カップメン・カップ焼きそば共に大量の添加物が使用されている物も有り、カラメル色素

過酸化脂質が多いものもありますね

表示原材料名

カラメル色素・調味料(アミノ酸等)・炭酸Ca・かんすい・酸味料・グリセリン・ベニコウジ色素・酸化防止剤(ビタミンE)・炭酸Mg・香料・その他

サツキマス・アマゴの降海型

長野県王滝村

昔、御嶽山南麓、木曽谷産出の川魚「たなびら・しまめ・イワナアカハラ・カジカ・アジメ」などが冬場の貴重な蛋白源として食されてきた。

囲炉裏の藁(弁慶)に、乾魚。(燻製)の様なものにして保存食としていた

現在は渓流釣りの盛んなところで、イワナやアマゴの塩焼きは実に旨い。ヒレなど付いた塩は、飾り塩なので、くれぐれも食べないように!血圧が上がり危険です。また、アマゴの皮は腫れ物に効くと言う民間療法もあったようです。

f:id:spvp8wp9:20180407084719j:plain